【家族のための庭】

家族みんなが笑顔になれる場所
素敵に気軽に贅沢な時間にする庭を提案いたします。

キャンプの季節到来

キャンプの季節がやってきました。庭キャンの普及を進める者として、庭でキャンプしなければならないような気がしますが、自宅でキャンプをしているだけでは、世界が狭くなっていくだけなので、キャンプ場にもよく行きます。キャンプ場と庭の違いや使用感や現場での流行などの調査や自作ギアなどの実験など、色々とやっています。

ということで、今回の記事では、新しくテントを購入したので、レビューとテントについて書いてみます。

我が家のテントは、最初は、コールマンの普通のテントを使っていたのですが、ポールが折れるなどの故障により、次は、ニュートラルアウトドアのワンポールテントを使っていました。そして、庭でキャンプする用に、アマゾンでポップアップテントを入手しました。

ポップアップテント

ガッツリとキャンプする時はワンポールテントで、気軽に近所に出かける時や庭で使うときなんかは↑のポップアップテントを使っています。ですが、子供たちが大きくなってきたので、テントが狭くなる問題が発生してしまいました。そこで、自分たちのキャンプスタイルに合う理想のテント探しの流浪の旅が1年ほど続き、ついに出会いました!スポーツ用品店のヒマラヤが出しているPBブランドのビジョンピークスのクワトロアーチ2ルームテント+RFです。2020年の名古屋で開かれたフィールドスタイルで出品されているテントの中で、大きさや機能や価格など自分たちの求めているものがすべて揃っているものがコレだったんです。

2ルームテント

ネットでの抽選には落ちたので、岐阜の本店の先行販売に夜中から並んで買ってきました。琵琶湖のほとりで試し張りしてきたときの画像です。最近流行のトンネル型のテントで、特徴は巨大なフライシートです。フライシートの横が長く、伸ばすとそのままタープになるんです。これで、雨の日でも隙間が無い快適な空間とサイトに張り巡らされるロープともおさらばできるようになります。そして組み立てもすごく簡単です。

テントの試し張りをタイムラプス撮影した動画です。ワンポールやワンタッチテントなどに慣れてしまっている自分では、少し勝手がわからず無駄な動きが多いですが、20分程度で完成しました。実際にまだ使っていないので、使用感についてはレビューできませんが、色々と触った感じではやはりいいです。キャンプは、不便な環境に出かけるので、少しでも快適な空間を作るために道具には少し気合を入れたほうが、実際の現場での感想が全く違うものになります。これは、庭でキャンプする時にも共通します。不便だからこそ工夫する。自分で不便を克服して快適な空間を手に入れる行為は、たぶん、巣作りに近い感覚があるのかもしれません。なんかよくわかりませんが、深い所からの満足感があります。なんか浪漫があるんです。

買ってきた道具を組み立ててるだけだろ!と突っ込みがあるかもしれませんが、ごもっともです。本来は、ブッシュクラフトに近いようなキャンプがいいのかもしれませんが、家族旅行では逆に現実味が無いです。ツライ現実世界より少し甘い仮想世界の方がいいように、少しぐらいは文明に頼ったらいい気はします。

ということで、新しいテントを入手したからうれしくて記事を書きましたが、最後は、庭キャンにおけるテントについて書いておきたいと思います。田舎の人なんかは、どんなテントでも張れるような広い庭があったりしますが、普通の人はそんな余裕は無い人が多いかと思います。そこで、オススメするのが先ほど紹介したポップアップテントです。このテントの最大の特徴は、設営と撤収が一瞬で終わるということです。撤収は少し慣れが必要ですが、設営は10秒かかりません。袋から出したらすぐに広がって完成します。天気のいい週末に気分が向いたらすぐできるという「気軽さ」が最大の特徴です。めんどくさいとやる気出ませんもんね。子供たちはテントを出すだけで喜んでくれるので、すごく助かります。簡単だけど、効果抜群の家族サービスができます。大きさや形は色々とあって、次々と新製品も出てきています。まずは、アマゾンで検索してみてはいかがでしょうか。

庭でキャンプするのはハードルが高いとお考えの人も多いかと思いますが、やってみると意外といいもんです。非日常感満載です。
Let’s enjoy庭キャン!

2ルームテント
この記事が気に入ったら「いいね!」お願いします
2ルームテント