庭のQ&A

草の上手な管理方法

草でお悩みの方は多くおられると思います。

植物天国の日本では、隙があれば何処からでも生えてくるのが草です。
そこで上手に草と付き合っていく方法を一緒に考えましょう。

  • 草がはえない場所作り
  • 草をはえない条件作り
  • 上手な草むしり方法
  • 最終手段の除草剤

の4つの方法を上手に組み合わせて乗り切ります。

 

草のはえない場所作り

最初に最終最後の方法が登場ですが、簡単に説明するとコンクリート等で土を覆ってしまうという事です。
コンクリート土間だけではなく、最近流行の防草シートや石貼仕上げや砂利など様々あります。予算の問題や見た目などの問題も有りますので上手に組み合わせましょう。

 

草のはえない条件作り

草のはえない条件はちょっと複雑で、先ほどの場所つくりがハード的な対応ならこちらはソフト的な対応になります。箇条書きにすると

  • 日陰にして芽が出ても育たないようにする
  • 他の覇権植物をはびこらせる
  • 土壌環境を変える
  • 腐葉土で土を覆う
  • 草むしりが楽になるような土壌

など芽が出ても育たないようにする事です。どうしても土が露出している部分ができますので、そういった部分はこれらの方法を上手に組み合わせましょう。

 

草の上手なむしり方

これらの基本は

  • 種が出来るまでに先回りして抜く
  • 根から抜く
  • 根気よく抜く

この3ヶ条を守れば楽勝です。というかこれ以外ありません。芽吹きの段階で根から抜けばほぼ殲滅できます。草と人間の命を懸けた競争なんです。手抜きとかありませんからやる時は徹底的です。絶滅させましょう。

 

最終手段の除草剤

もう草がはえ放題で、もうどうにも出来なくなってしまった場合は素直に除草剤を撒きましょう。変に頑張って心が折れて放置されるより、妥協する部分は妥協して楽しいガーデンライフを送ってください。除草剤の使い方ですが、商品によりまったく違うので購入先の店員さんに聞きましょう。最後は丸投げになってしまい申し訳ありません。
個別の事象が多く一般論だけでは曖昧な事しか書けないので、わからない事などあればお気軽にお問合せください。

 

 

中川造園で頼むメリットを教えて

業者選びで悩んでおられる方も多いと思いますが、当社のメリット/デメリットをズバッ!解説します。

メリット
・ベースが庭師なので和の表現に強い
・庭木や草花を熟知している
・高い設計力-CADを使った自社設計と提案力
・長浜の文化財庭園の修復管理などの実績

デメリット
・左官仕事(塗り仕上げやタイル貼り)などは外注になる。
・小規模なので、繁忙期などは即時対応が出来ない。

創業当時は伝統的な庭を作る専門会社でしたが、時代の変化と共に外構/エクステリアや店舗の緑地などもさせていただくようになりました。また慶雲館などの文化財庭園も手がけさせていただいてます。
設計の特徴は、あまり人工物を使用せずに天然素材を使用した、価値の高いお庭をご提供させていただいています。天然の素材だと高そうとお考えの方も多いと思いますが、人工物より安いことも多いのでご安心ください。(セメントと工業製品を多用した外構が多いですが、その訳は設計士が楽で儲けを出しやすいからです。天然素材だと仕入れや不揃いなので施工者の技量が必要なので難しいです。)外構も庭と同じように考え、時間が経てば経つほど良くなるように心がけて設計しております。
お見積は無料ですのでお気軽にお問合せください。相見積とかでも対応させていただきます。^^

外構の設計のコツ

念願のマイホームを購入する事になって、外構の事をお考えの方に理想の家をつくる為のコツを解説いたします。

・家の形や外壁より外構にお金をかけた方が綺麗な家が出来る。
これは極端に振分けを進めているわけではありませんが、家や外構どちらかにお金をかけ過ぎても駄目なのでバランスよく振分けする事をオススメいたします。
家の外観は家+外構で決まります、お互い喧嘩せずに引き立てあう相乗効果を狙うのが大事です。

・家との調和と周囲への調和
今度はもう一段階上の段階です。家との調和を考えた設計はもちろんですが、周辺の住宅との調和が重要です。自分勝手の外構の設計では、周囲の建物と喧嘩して潰しあってしまうので、事前に周辺調査を念入りに行いましょう。
昔ながらの伝統家屋の村の中に、いきなりプレハブ住宅があるのはガッカリですよね。海外の家が綺麗なイメージがありますが、そういった所は強力な規制で統一したデザインなるようにしてあります。日本はそういった意識が低いので、景観破壊が進んで郷土への愛着が少ないです。
旧在所の中に洋風の住宅を建てたい場合は、外構を活用すれば周囲との調和が図れます。緑で覆ってしまう単純な方法なのですが、全体に覆わなくても見せたい所と隠す所を見極めれば、お互い喧嘩せずに共存を図れます。
家の外観は家+外構+景観で決まります。新興住宅地だと問題は少ないですが、課題が場所だと設計者と相談してください。

・設計の柔軟性
外構は一度作ってしまうと、なかなかリフォームなどできません。将来の生活の変化にも対応できるように、柔軟性をもたせた設計をしておきましょう。よく問題になるのが駐車場の確保や、バリアフリーへの対応などがあります。予定がある場合は設計者にあらかじめ伝えておきましょう。

・収納を考える
せっかく念入りに考えた最高の家を作ったのに汚く見えてしまう、でも原因がわからないという方はまず自転車など外に置いてある物を疑いましょう、大体これが原因です。
外に放置されるものは結構多いものです。自転車/子共の遊具/スタッドレスタイヤ/植木鉢など沢山あり、その為に物置を置いたらすべてが台無しなんて事もあります。設計の段階で、自転車置き場や子共のエリアなどしっかりと計画しておきましょう。僕がデザインする場合は、専用スペースを作ってしまうと応用が利かないので、大き目の袖壁を作ってその後へ置くようにするなどの手法を使ったりします。実際住んでみると意外と外に置くものが多いので考えておきましょう。

・予算配分
これは難しいし正解が無いので設計者とよく話し合いましょう。費用対効果や商品の有効性など、個人ではわからない事もおおいので設計者の知恵を借りて限られた予算とスペースを最大限有効活用しましょう。

・業者選び
価格を抑えたい場合は、ハウスメーカーではなく専門業者に依頼しましょう。2,3社に見積依頼するとわかると思いますので、地域の業者にお問合せしましょう。

草の対処法

草の対処法

日本は植物天国です。それは豊な国土の証でもあるのですが、草抜きで追われてると砂漠がうらやましいと思ったりする事もあります。隣の芝は青いですね。

今回は草と上手に付き合う方法を伝授したいと思いまが、一番重要な事は「雑草は命をかけて生存競争を仕掛けてきている」事なんです。こちらもそれなりの覚悟が必要になのです。

もう戦いです、なので戦略で対応します。

・草のはえる場所を無くす。

土の露出する場所を出来ればコンクリートなどで覆ってしまうともうはえませんが、庭だとコンクリート仕上げだと風情が無いし費用もかさみます。最近の外構だと防草シート+砕石といった組合せを見る事が多くなりました。価格も安めでそれなりの防草効果が見込めて見た目もそれなりなので、砂利仕上げの場所があれば今からでもされるといいと思います。

すべて砂利仕上げというわけにもいかないので、腐葉土でマルチングをするのも有効でしょう。庭木や草花のエリアは砂利仕上げは難しい所もありますので、腐葉土を土の上に5cm程度まくだけで草がはえにくくなり乾燥防止などといった効果も見込めます。他の力技といたしましては、雑草がはえる前に他の強力な植物で覆ってしまう方法もあります。私が最近やる方法は、腐葉土でマルチング+ハイビャクシンの組合せです。見た目もよく、腐葉土は3年程度で無くなってしまいますが、ハイビャクシンが成長し覆われるので交代する計算です。

 

原始的ですが効果的な方法は草むしりです。基本的なことなのですが、はえたらむしって下さい。草はどんな隙間からでもはびこって自分のエリアを拡大します。草むしりもやり方があり、小さな鎌を使う方法が一番効果的です。出来るだけ小さな鎌を短くもって、草の根元の地面下5cm程度を目安に土ごと根を切ってください。するとスルリと簡単に抜けて、根も残らないので次が生えません。道具を使わずに手で引き抜くと根が残り次の週には、元と同じようになって心が折れます。次に大事なのが、種をつける前に先回りする事が重要です。先回りして草むしりしておくと週に5分程度で綺麗な状態を保てます。ですが先回りするのは習慣がないと大変で、草があまりないので忘れてしまって気づいた頃にはジャングルになってるなんて事がちらほらとありますので、そんな事にならないようにマメに見てあげてください。

 

最後はこれ【除草剤】です。場所が広くて、大事な草花が無い時は使用上の注意をよく読んで効果的に使いましょう。

全部を組み合わせて自分に合ったベストの方法を見つけてください。

庭の剪定費用を抑える方法

庭の剪定費用を抑える方法

毎年の剪定費用にお悩みの方も多いので、そこで上手な節約方法を解説いたします。

対処法は大きく分けて2つあり

  • 庭木を変更する
  • 剪定方法を変える

のハード的な手法とソフト的な手法がありますので、上手に組み合わせて綺麗な庭を作りましょう。

まずは庭木を変更する方法ですが、すでに庭木がある場合ですと手間のかかる松などを伐採する方法が一番手っ取り早いのですが、先祖の代からある大切な庭木を伐採するのに抵抗のある方は多いです。そういった場合は植木屋などに依頼すると、買取可能なケースもありますので一度見積依頼をする事をお勧め致します。

庭木を伐採するだけでは庭が殺風景になってしまうけど木を植えるとまた手間がかかる、、、、といったお悩みの方も多いのでそういった場合は、自然樹形の美しい木がいいです。最近流行しているエゴノキ/ヤマボウシ/モミジなどの落葉樹やシマトネリコ/カラタネオガタマなどの株立ちの常緑樹などは、放任でも樹形が乱れずに剪定作業も少なく済みますので活用しましょう。場所の狭い所でしたら、ドウダンツツジやアセビなどといった低木類や宿根草などを組み合わせると現代風になります。

 

剪定方法を変更する場合ですが、まずは剪定業者との打ち合わせが必要になります。剪定方法は色々あり、並の仕事をしている場合は作業を少し簡略化してもらうことで安くなりますので相談しましょう。この方法はかなり有効で、景気が良かった頃と同じ剪定方法ですと半分近く減らす事も可能ですし、職人さんも嫌な顔はされないと思いますのでご相談ください。(たまに嫌な顔する人もいますが、、、。)剪定方法を変更する項目は、松なら古葉をむしる事をやめて剪定のみにしたり、刈込みを自然樹形に変更するなどといった方法です。

業者を変更するのも有効ですが、これは業者選びが大変で当り外れが大きいので全員にはオススメできません。腕がよくやる気のある若い独立したての職人に心当たりがあれば、一度相談してみると半額程度になる事もあります。ですが剪定の技量はピンきりなのです。伝統のある植木屋でも下手な所は多いですし、値段と仕上がりはまったく比例しません。シルバーに依頼される方もおられますが、庭木を回復不能な所まで切り刻まれるのに値段は少ししか変わらないなんて事は良く聞く話しです。シルバーさんと職人さんでは倍以上のスピードが違いますが値段は少し安い程度です。業者選びは目利きが必要です。そしても一つ重要な事は、腕のいい所は忙しいので新規はお断りの所も多いので運も必要になってきます。

とは言っても業者の方に相談するといい解決法が出ますので一度は相談してください。そういった相談を嫌がる場合は業者を代えたほうがいいです、あまり良心的な所ではないので仕事も悪い事が多いです。