フラワーデザイン大賞に出品した作品です。

初めてデザイン大賞に出品した作品です。結果は本戦出場は果たしましたが、当然の受賞無しでしたがいい経験をさせていただきました。

製作時は自分の中でこれなら奨励賞くらいは取れるだろうと、勝手な自信で満ち溢れてたんですけど、やはり未経験者のポッと出が受賞できるほど甘くは無かったです。作品のアイデアは悪くは無いと未だに信じてますが、いかんせんそのアイデアを十分に使い切っていない部分をヒシヒシと感じるので、まぁ当然の結果だと思いますが、経験してから出ないとわからない事があります。

今年も当然チャレンジします。まだまったく構想を練っていませんが、なんとなく傾向はつかめたので今年で馴染める様に頑張って、来年には賞を狙える位置には立ちたいと考えてます。

僕は植木屋なんでデザインフラワーは無関係とは言いませんが、畑違いなんで直接は関係ないですが、庭や外構では実現できないような構造や構成を簡単に作る事ができるのが魅力です。普段出来ないうっぷんをここで晴らすみたいな事です。やはり庭やエクステリアはパトロンがいて初めて成り立つ、一昔前の芸術家の様なものなんで現代アーティストのように、好き勝手をしていいもんではないんで、こういったインスタレーションの世界で実験と感性を磨くいい場所だと思います。

DSC_0226

 

こんな感じなんです。

石庭をイメージして作ったんです。現実の庭だと石を浮かせる事は不可能なんで、空中浮遊した庭というかファンタジーの世界の空に浮いた島みたいのを表現するはずがなんか雰囲気だけで終わりでした。まぁ次があるさまだ若いし、、、、はず、、。