のこぎり

のこぎりです。

木を育てて木を切るのが植木屋です。鋏の次にお世話になる道具です。
最近ののこぎりは、替え刃式が主流で昔ながらの自分でやすりで研ぐのこぎりを使っている職人さんを見なくなりました。昔ながらの自分で研ぐタイプののこぎりは、小まめにやすりで研いでおくと替え刃式より切れるのですが、簡易性と利便性への誘惑にはなかなか勝てないものです。

ノコギリはすぐに駄目になる道具です。カシ等の硬い木を切っていると一日で切れ病んだり、針金や石など木に食い込んでいる場合は一回こすっただけで切れなくなってしまいます。切れなくなるとこれがまた大変で、まったく切れません。気合で切るんですが、今まで切り屑がゴマ程度の大きさでザッザッと落ちてたのが、小麦粉のような大きさのカスがハラハラと舞ってるぐらいになってしまいます。
のこぎりも一応刃物なんです。
かなりの割合で、家にあるノコギリはまったく切れなくなっています。切れないから切ってくれとご依頼を受ける時があるのですが、そんな時にサクッと切ると感動していただけるのは嬉しいのですが、このノコギリはコ○リで買った普通の奴ですよとは言い辛いです。

折り畳みで職人さんがよく使うのがゴムボーイって商品があるんですが、僕は替え刃が半額以下のタジマのノコギリを使っています。そこそこいいのでどうぞ。

高枝のこぎり
便利な高枝のこぎりです。

これは革命的なほど切れます。他の業者も感動の声を出すほど切れます。6m程伸びるので、脚立+身長なんで相当高所の枝でも切れます。
でも危ないんでオススメしませんけど(枝が落ちてきたり/こけたり/物を壊したりなど)。
治療費や修理費払うくらいなら初めからプロに依頼して置けばよかったー。なんて後悔の念を聞く事もちょこちょことあるんで、大変そうと思ったら一度ご相談ください。